風麟の半熟たまご

人妻や熟女……そして、寝取られについて
風麟が熱く語る企画!
第7回のお題は…


風麟の半熟たまご
第7回

風麟

「…………」

ワタナベ

「…………」

古介

「いきなり固まっちゃって、
 どうしたんですか?」

風麟

「古介さん……。
 今日は、何日かな?」

古介

「ブログの更新日だから、19日ですよ?」

風麟

「……19日」

ワタナベ

「ですね」

風麟

「ょ……」

風麟2

「よっしゃあああああああっ!」

ワタナベ

「過ぎましたよ!
 無事に、あの日が過ぎました!」

minnaraken

「どうしたんだ?」

風麟

「毎年、2月14日が、
 どれほど辛い日か……」

古介

「あ、バレンタ……」

naguri

バキィ!

風麟2

「その言葉を口にするんじゃないっ!」

minnaraken

「アンタ、結婚してるじゃねぇか!」

風麟2

「身内からもらったって、
 意味がないんですよ!
 おかんからもらうのと同じです!」

風麟

「それに、妻からは3倍返しと言われているので、
 正直、もらっちゃうとお小遣いのダメージが
 半端ないんです!」

風麟2

「千円なら三千円!
 五千円なら一万五千円のお返しです!」

風麟

「おいらのお小遣い、無くなっちゃいますよ」

minnaraken

「知るか、そんなこと!」

風麟

「そういうMINさんは、どうなんです?」

minnaraken

「フッ……。
 オレにその質問はナンセンスだZE」

ひさと

「自信たっぷりね☆」

風麟

「ま……まさか……」

minnaraken

「そのまさかDA!
 オレのもらったチョコの数は……」

naguri

バキィ!

風麟2

「MINさんの名を語るニセモノめ!
 おいらのWIFE EATER PUNCH
 塵にしてくれるっ!」

minnaraken

「もらえなかったからって、
 不機嫌になってんじゃねぇよ!」

ひさと

「毎年毎年、飽きずにやるわね☆」

天然水

「チョコより、ニクカモ」

古介

「そう言えば、ボスの姿が……」

なかじー

「雪かき~!」

なかじー2

「除雪~!」

ワタナベ

「なかじーさんは、大雪のため、
 自宅から出られないそうです」

ひさと

「バレンタインどころじゃなさそうね☆」

風麟

「ところで、今日のテーマは
 何だっけ?」

古介

「だから、バレンタ……」

naguri

バキィ!

風麟2

「その言葉を口にするんじゃないっ!」

minnaraken

「それじゃ、先に進まねぇだろ!」

風麟2

「ハッ……!」

風麟

「それも、そうでしたね。
 では、本題に入りたいと思います」

古介

「ボク、殴られ損ですね!」

天然水

「カモ」

風麟

「個人的には、ろくな思い出のない
 バレンタインデーですが……」

風麟2

「ゲームとなれば、話は別です!」

風麟

「その鬱憤を晴らすべく、妻しぼりでは
 バレンタインイベントを入れてみました!」

風麟2

「プレイヤー次第では、チョコを
 もらいまくることが可能です!」

風麟

「あんまりもらっちゃうと、
 まどかのヤキモチが爆発しますけど!」

sample

風麟

「まどかのヤキモチが心地良く感じます」

minnaraken

「ゲーム内でも、こういうイベントは
 大切だよな」

風麟

「ちなみに、ヒロインの誰からも
 もらえなくても、ある人が必ず持ってきて
 くれるので、0個ということはありません!」

ひさと

「アレ、絶対に本命よね☆」

天然水

「三郎キュン……♪」

風麟

「いやいや、それはありません」

天然水2

「チッ。ニクの良さが分からねぇとか、
 ありえないっての」

風麟

「漏れまくってるよ!
 心の声が、だだ漏れです!」

天然水

「謙虚なCG担当の天然水です。
 スタッフ日記も書いたので、
 そちらも見てね♪」

古介

「あのケモノっ娘、サイコーでしたよ!
 思わず、豚肌が立ちました!」

minnaraken

「どんな肌だよ!」

古介

「こう……コラーゲンたっぷりで、
 スベスベな感じの……」

ひさと

「意味、わかんないわ☆」

ワタナベ

「このイベントは、同時攻略している人数の
 目安にもなるので、ありがたかったです」

風麟

「バレンタインに告白されるイベントとか、
 甘酸っぱい感じでいいですよね」

minnaraken

「いや、アンタ経験ないだろう?」

風麟

「…………」

naguri

バキィ!

風麟2

「MINさんの名を語るニセモノめ!
 おいらのWIFE EATER BEAM
 灰にしてくれるっ!」

minnaraken

「事実だろうが!」

風麟2

「夢を実現するのがゲームなんですよ!
 ゲームの中くらい、チョコもらったって
 いいじゃないですか!」

minnaraken

「別に否定はしてないんだが……」

風麟

「どうせ……どうせ、おいらなんか……」

古介

「風麟さん、コレをどうぞ!」

sound

チョコを手渡す古介

風麟

「こ、古介さん!
 このチョコは!?」

古介

「休み時間に食べようと思って、
 レンジの上に放置してたら、
 熱でぐちょぐちょになって、
 そのまま固まったチョコで良ければ!」

風麟

「…………」

naguri

「いらんわ!」

ワタナベ

「しかし、もらうシーンばかりが
 ピックアップされがちですが、
 作ってる過程も、いいかもしれませんね」

風麟

「ヒロインたちが、ワイワイとお喋りしながら
 チョコを作っていて、告白する相手が
 全員主人公とか、萌えそうです」

minnaraken

「血の雨が降るんじゃないのか?」

古介

「風麟さんなら、ミルクの代わりに
 母乳とか入れそうですね」

風麟

「あ、ゲーム中では語られていませんが、
 姫香さんのチョコには、母にゅ……」

naguri

バキィ!

minnaraken

「夢を壊すなっ!」

風麟2

「母乳は男の浪漫なんです!
 栄養たっぷりの、甘くて美味しい
 究極のドリンクなんですよ!」

minnaraken

「こいつ……イッちまってやがるZE……」

古介

「ボクは、牛乳の方が好きですね!
 動物からいただくミルクは最高です!
 牛の乳! う・し・の・ち・ち♪」

天然水

「アタイは、肉汁の方が好きカモ!
 藪井てんてーや三郎キュンからいただく肉汁は最高です!
 肉の汁! ニ・ク・ノ・シ・ル♪」

minnaraken

「バレンタインが何なのか、
 分からなくなってきたYO」

風麟

「バレンタインデーは、女性のかたが
 自分の想いを相手に伝えるイベントで
 いいんじゃないでしょうか?」

minnaraken

「そういうもんか?」

風麟2

「好きな人に好きと言って、
 何が悪いのです!?」

風麟

「たとえ、彼に奥さんがいても、
 相手を想う気持ちが強ければ……」

naguri

バキィ!

minnaraken

「よその家庭を壊すなっ!」

風麟

「ぐふっ……。
 だから、ゲームの中の話ですって……」

ワタナベ

「私は好物ですよ」

風麟

「ナベさん!」

ワタナベ

「風麟さん!」

minnaraken

「もしかして、アンタは純愛が嫌いなのか?」

風麟

「それは違います!」

風麟2

「純愛あってこその、寝取られです!
 そして、寝取られあってこその、純愛なのです!」

風麟

「わかりやすく言いますと、ヒーローが活躍するには、
 悪役が必要ということですね」

minnaraken

「もっともそうに聞こえるが、
 不倫は不倫だよな」

風麟

「…………」

風麟2

「ここで、半熟ブログをご覧の皆様に、
 ビッグなプレゼントのお知らせです!」

minnaraken

(逃げたな……)

風麟

「弊社の妻シリーズの原画を担当された、
 ちょも山(黒田晶見)さんから、
 スペシャル壁紙をいただきました!」

kanae

風麟

「香苗すわぁあああああ~ん!」

ワタナベ

「おおおおおおおおおっ!」

風麟

「こちらは、ちょも山さんのブログに掲載されたイラストの
 ビッグサイズバージョンになります!」

黒田晶見

「アレがナニで描き下ろしじゃなくてごめんねごめんね!」

風麟

「お久しぶりです、ちょも山さん!
 今回は、素敵なイラストをありがとうございます!」

黒田晶見

「ううん、いいのよ。
 今日は忙しいから、これで帰るけど、
 また何かあったら、呼んでちょうだい」

風麟

「ああああありがとうございますぅぅぅっ!」

ワタナベ

「突然のビッグゲストでしたね……」

minnaraken

「って、もう帰ったのかYO!」

古介

「ご挨拶する暇もありませんでしたよ!」

天然水

「アタイも」

風麟

「それは、今度ということで!」

ワタナベ

「ですね」

minnaraken

「にしても、肌に滴る汗がエロティックな
 イラストだZE!」

天然水

「イイニク……♪」

風麟2

「久しぶりに会えた香苗さんが、
 変わらずに色っぽくて、風麟も感激です!!」

風麟

「手にしている避妊具も、人妻ならではの
 ポイントですね!」

風麟

「是非、皆様のデスクトップに
 香苗さんを飾っていただければと思います!」

ワタナベ

「さて、プレゼントのお知らせも済みましたし、
 そろそろお時間のようです」

風麟

「皆様の甘酸っぱいバレンタインの
 お話などありましたら、是非、
 コメントでお寄せください!」

ワタナベ

「半熟ブログに関するものであれば、
 バレンタイン以外のネタでも
 構いません」

ひさと

「もちろん、次回のテーマも募集してるわよ☆」

minnaraken

「みんな、待ってるZE!」

風麟

「もしゃもしゃもしゃ……」

古介

「あっ!
 ボクがあげたチョコ食べてる!」

風麟

「うるひゃい!
 はやにはえれは、おんなひら!
 もっらいないはや、おれらもやう!」

minnaraken

「子供かYO!」

天然水

「ニクジルチョコ……」

天然水2

「イイカモ!」

天然水

「というわけで、OKAMURAさん、
 商品化とか、どうですか?」

OKAMURA

「いや、普通に腐るでしょ」




(2月25日14:00追加)

皆様、コメントありがとうございます!
いくつかピックアップして、返信させていただきます(≧▽≦)/

>錯乱坊さん
人妻ならではのシチュエーションって、本当に色々ありますよね!
背徳感だけは、絶対に外せないと考えておりますので、
そこを重視して、これからも作っていきたいと思います!(^^)

>ザックさん
「エロみっともない」非常にわかります!(≧▽≦)/
これも人妻や熟女ならではですよね!
王道なのですが、だからこそイイ!という感じです(^^)

>ゴムゴムの近藤さん
避妊具を自分で買ってくるというのは、大変好評でした!
ゲームの中では、人目も気にせず、ガンガン購入できますし!(笑)
避妊具に細工するというのも、やってみたいですね!
ライバルが破れやすいように細工して、ヒロインとやってしまうとか
胸が熱くなります!

>肉さん
間男にチョコを奪われる!何という素晴らしいシチュでしょうか!(笑)
それを、主人公の目の前で見せ付けるように食べたりとか、
心が痛むと同時にドキドキしますね!(≧▽≦)ゞ

>左近さん
人妻が堕ちきって、AVに出演しちゃうというのも
エンディングの1つとして見かけることがありますが、
それ自体をがっつりとメインにしたものは、少ないですよね。
夫がAVをレンタルしたときに、それが妻のAVだったりしたら、
心が痛むと同時に(ry

>オールドファンさん
確かに、どんなに素敵な女性がいても、男がいなければ
話にはなりませんよね!
ヒロインが素敵であればあるほど、ゲス野郎をぶつけたくなるのは、
何故なんでしょうか?(苦笑)

>コリさん
母乳ネタは、またやりたいですね!
妊娠→即母乳は、ゲームならではの流れです(≧▽≦)b
ゲージが最大で妊娠とか、現実では有り得ないことを
やってのけるのが、ゲーム世界!
子宮の実況中継なんて、お手の物です!(笑)

>かまーさん
お酒イベントもいいですよね!
個人的に大好きです(≧▽≦)ゞ
妻しぼりでは、雪絵ルートでお酒イベントを入れてみました。
あれは主人公がぶっ飛んでしまうという逆パターンでしたが、
それはそれで、攻めの幸介が見られて良かったかなーと(笑)


さて、次回のテーマですが、ユリウスさんの
手ほどき」にさせていただきます!

ユリウスさん、ありがとうございましたー!