img_entra_staff_diary

今回のスタッフ日記はこちらの3人です。

 織音、水夏える、ダイスころがし



織音

【織音】

ちわっす!織音です。
2017年アリスカレンダーの絵も発表され、何かと話題になってましたね。
自分の担当月はランス10の登場キャラです。

ネタバレ喰らった!と思われる方もいるでしょうが、
登場キャラクターのほんの一部・・・シナリオのヨイドレくんに
上がってるキャラクター数を聞いて自分でもビックリしたのは秘密。

そんなに描いてきたんだ・・・そりゃそうか。

ちなみにあの絵、ランスとシィルは画面より手前にいて
手前の娘たちはいち早く気づいて笑顔で迎えてる設定なんですよ。

織音_161104

ちょいとした答え合わせ。ランス10の色影指定から。
リアの右奥に居るメンツは聖女モンスターであってます。
今回遂に4人揃います。
ランス8、9で揃う予定があったんですが流れ流れて
遂にです。

しかし…連続でロリっちいキャラ紹介だと
全体的にそんな雰囲気かと疑われそうですね。
ばいんばいんなほうが多いはずなんですが。



水夏える

【水夏える】

みなつです。

先日、近所のショッピングモール内にオープンした、
イヤホン・ヘッドホンの専門店に行ってきました。
この手のお店にしては珍しく(?)、
音楽関係の専門店とは縁遠そうな方々が沢山いらっしゃるような……
というか、ぶっちゃけ完全に場違いな立地がとても印象的でした(゚▽゚)笑

地元民にしか伝わらない気がしますが、エ○トのほぼど真ん中です。
そう、女性物の服屋さんが多く立ち並ぶ、あのエ○トで間違いないです。

ショップガイドを見ると<取扱ブランド>という欄がありますが、
この欄に音楽機材メーカーの名前が並んでいるショップは、きっとここ位でしょう。

ちなみに、中は至って普通の(?)ヘッドホン専門店です。
別に、店内がアロマのような香りで満ちていたり、
可愛らしいお姉さんが「どうぞごらんください~」と声を掛けてくれたり、
店内でやけにクラブミュージック寄りなBGMが延々と流れてるような事はないです。
まあBGM流してちゃだめか。ヘッドホン専門店だし……

しかし、オープン直後の時期でしたが、お客さんで賑わっていて、
専門店という性質ながら、老若男女、様々な方が来られている面白い空間でした。

今度また何か買いに行こうー!ヽ(゚▽゚)ノ



ダイスころがし

【ダイスころがし】

ごろごろごろごろ。

ダイスころがしでございます。

めっきり寒くなって参りました。
こたつをいつ出したものか、今年もチキンレースが始まります。

ここのところは複数の開発を渡り歩きで行ったり来たり。
今は超昂3でエロい文章を頭から捻りだし続ける日々です。

PCもはじめは顔射すら満足に変換してくれなかったのに、
今ではワンタッチ楽々です。
主と共に汚れてゆくがよい……グフフ。

さて。

先日、連休を利用して滋賀に行った時のこと。

JR米原駅に向かうと、ホームになにやらイラストコーナーのようなものが。
たまにありますね、テーマに応じて小学生の絵が広がってるような。

昔から絵心がまるでない自分はもう、
その手のイラストが宿題に出る度に憂鬱になったものでした。
ていうか、ただ「描け」って言われただけで、
描き方なんて習わなかった気がする……記憶違いでしょうか。

ともあれ、普通に子供の絵が置いてあるのかなーと見てみたら……

「三成様、LOVE!!!」
「天下の義将! ステキ!!」

…………は?

なにやら、見てみるとずいぶん美麗なものばかり。
はあ、石田三成なんすか。大谷善継とが熱いらしい。
え、これ全部? 駅のホーム出た所の壁、丸一面なんですけど。
どっかのそれ系のイベントの案内かと思いましたが、どうもそういう風ではありません。
純粋に、米原の郷土PRのたぐいのようです。

「あ~、関ヶ原の戦い、見たくない!」

米原だろ! 関ヶ原、名所だろ!

その手の武将好きの方々に文句はないが、
JRのPR(?)に、女性向けのイラストが使われるとは……
世の中の動きは自分には速すぎる。
と思って、滋賀の友人に聞いてみました。

「おい、米原駅、なんかすごいぞ。女性向けに占拠されとる」
「は? 普通ですけど?」
「滋賀はもう、県一丸となって三成推しですよ。武将と言えば三成ッスよ」
「…………ナニ?」
「関ヶ原以後の歪んだ歴史観のせいで、みんな東軍メガネをかけてるんだよ」
「東軍メガネ」
「外してごらん?」
「いやもう、何が何だか……とりあえず前が見えない」
「そういうCMがある」

ホントにありました。
朝イチで朗らかな雰囲気と共にプッシュされる石田三成……
   (サラリーマンのオッサン)「九万の兵を二ヶ月で!? 無理だよ!」
(三成っぽい武者鎧のイケメン)「possible!」
……滋賀、ちょっとパンクすぎる。
しばらく前に、それっぽいのをネットで見聞きしてはいたのですが……
実際に見ると、なんていうか、すごい…………

滋賀のみなさんすみません。
誹謗する意図はまったくないのですが、
ちょっと、あまりにも衝撃が大きくて……

写真でも撮ってくればよかったのですが、
あまりにびっくりして忘れてしまいました。
気になった方は滋賀・米原へGO!